YOSOMON! - 「地域で働く」をもっと身近に!

求人中のプロジェクト予算ゼロ!老朽化著しい「公園+道の駅」を、地元市民にも愛される空間へ…企画立案パートナーを募集!


熊本県

募集終了

契約期間:3ヶ月

予算ゼロ!老朽化著しい「公園+道の駅」を、地元市民にも愛される空間へ…企画立案パートナーを募集!

人吉市

このプロジェクトは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

開園30年を経た観光施設の「次の一手」について、アイデア溢れ、かつ実現可能な企画立案を、よそ者視点から一緒に考えていただけるパートナーを募集します!

自己紹介と事業紹介

「人吉クラフトパーク石野公園」は、クラフト製作体験、物産販売、キャンプ場、展示館等を備えた都市公園として平成元年に開園しました人吉市直営施設です。令和元年には「人吉球磨スマートIC」開通とともに「道の駅人吉」として供用開始し、今後は人吉球磨地域の玄関口としての観光情報発信、物産振興、文化振興等としての機能をより強化し、またコロナ禍や今年の豪雨災害から一刻も早い地域経済浮揚及び復興が望まれる中、地域観光拠点及び市民交流拠点の旗頭としての役割を期待されています。

副業人材を募集する理由

人吉市の観光分野においては、コロナ感染症の拡大や、今回の災害を要因とする観光関連産業の営業不振や、本市中心部の観光関連施設の壊滅的な被災状況により、その復旧復興には相当の期間が必要となっております。このため、被災事業所・観光関連施設への支援を行いながら、「観光都市ひとよし」の復興を進めていきます。

今回の事業対象としております「道の駅人吉(人吉クラフトパーク石野公園)」は、中心地から離れている場所ではありますが、被災を免れた数少ない観光拠点であり、ここを人吉観光及び市民の憩いの場とした復興のシンボル的拠点として再構築します。本施設の魅力・利便性を高め、訪れる方に安らぎの場所を提供し、これまで以上に大勢の方が楽しめる施設へと発展させていきたいと考えています。

開園以降最盛期には年間18万人を集客していた本市の代表的な観光施設ですが、平成7年九州自動車道の全線開通による“通過都市化”の影響から入園者・物産館売上ともに伸び悩み、右肩下がり状態となりました。令和元年8月には園の一部を「道の駅人吉」として供用開始しましたが財政難の最中、大規模な改修も行えず、広大な敷地を活かしきれていない状態です。施設の老朽化に反して新たな魅力付けや効果的な情報発信が今後の大きな課題となっています。特に入園者がほぼ観光客に限られており、いかに地域外の皆様により良く過ごしていただけるかに意識が偏っていました。そのような中、今年7月の豪雨災害により地元市民のための交流、憩い、健康増進といった場が減少し、この石野公園をいかに市民にも愛される空間としてご利用いただけるかといった視点からの魅力づくりが重要となっております。しかしながら、特に入園時に身体的苦痛を強いる62段の入口階段は、常に話題の中心でありながらも抜本的な解決策が見いだせないまま今に至っており、この“負の階段”をはじめとする当園の施設設備の諸条件を何とかプラス方向に転じさせ、市民の健康づくりや交流促進の場としての付加価値付けを行いたいと思っております。

具体的な業務内容

・現場視察/打合せ(条件等確認)
・企画立案内容の検討/オンラインMTG
・具体的実行プラン作成(または作成支援)
・具体的な発信方法の検討、フロー設計、提案(※可能であればここまで)

私たちがつくりたい社会/未来

「『おはようございます!』『こんにちは!』って・・ここの子供達は見知らぬ私たちにもよく挨拶してくれますね。」と、当地を初めて訪れた方は感心され、これを耳にするたびに「このことが当たり前ではないんだ」、と同時に当地に根ざす者として誇らしい気持ちに浸ることができます。ただ価値観の多様化やネット社会拡大などの影響も遠因なのか、少しばかりそのような場面も減ってきつつあるのかなと感じることがあります(もちろん子供達には何の責任もありませんが)。そんな中で、この石野公園に人々が集い、歩いて、寛いで、交流することで、また色んな「人吉らしさ」を思い出し、勇気づけられて、そして今度は周りの人々や社会も元気づける、大げさかもしれませんが、そんな役の一端を担える公園になれたらいいなぁ、と…。

令和2年7月豪雨災害を経験し、私たちは球磨川とともに暮らすことについて、あらためて深く考えさせられました。この災害を踏まえた中で、私たちはこれから生きる場所、立ち上がるグラウンドを決めなければなりません。
そして、私たちは災害を乗り越え、これからもここに安心して住み続けるために、あらゆる知恵を集結し、必要な取り組みを迅速に展開していく必要があります。
人吉市復興基本方針の復興の将来像から抜粋

復興の将来像 ~希望ある復興を目指して~
球磨川と共に創る みんなが安心して住み続けられるまち

募集要項

事業のテーマ 地域活性化・まちづくりPR・メディア
職種 企画・商品開発・クリエイティブマーケティング/広報
契約期間 3ヶ月
期待すること ・ディスカッションパートナーとして、建設的な議論ができること
・現在の状況を前向きに、一緒に可能性を見出してほしい
募集する人材像、スキル ・経営企画、催事企画、施設運営等に携わった経験のある方
勤務スタイル ・週1回程度のリモートでの作業
・初回(1~2回)の現地訪問*要相談
・隔週程度のオンラインMTG(必要に応じて)
赴任交通費 要検討
謝礼 月額3万円~5万円(コミットに応じて決定)
※成果報酬あり
マッチングプロセス ・書類選考
・企業側とのオンライン面接
その他 ※プロジェクト期間は4ヶ月を想定しています。
※本プロジェクトは、一般社団法人フミダスが担当しています。
マッチング後も業務委託契約は一般社団法人フミダスとの締結となります。

メッセージ

石野公園管理室長
池下英治

圏域外の皆様からは「人吉には何でもある」、けども、地元市民からは「人吉には何にもない」とのご感想。これが当地の特徴のようでして、いずれも正解で、そして当石野公園はそのイメージを凝縮した施設なんだろうと思っています。開園から30余年。道の駅として再スタートを切り観光客の皆様に良くお越しいただけるようになりましたが、今一度、地元の皆様にも愛でていただきたい、このような状況だからこそ・・。一緒に考え、トライしていただける方、ぜひお待ちしております!

[PROFILE]
平成8年人吉市役所入職。令和2年4月より石野公園管理室長(兼人吉市経済部観光振興課観光企画係長)。市民生活課を皮切りに、観光、環境、公共交通部門等を担当。近年は特に、鉄道ミュージアム、まち・ひと・しごと総合交流館、道の駅人吉といった施設の供用開始(ソフト面)に携わることが多い。

企業・団体概要

設立:1942年2月11日

代表者名:松岡 隼人

従業員数:人吉市民31,680人(令和2年9月末現在)

事業内容:
地方公共団体

業種:行政

事業規模:1001名以上

創業からの年数:51年以上

WEB:http://www.city.hitoyoshi.lg.jp

住所:熊本県人吉市麓町16番地

漁業・水産業のWワーク・副業なら「報酬は魚払い、新しい副業はじまる「ギョソモン!」」

OTHER JOBこんなプロジェクトもオススメ!

東京都

看護師であり続けられる社会を創る。医療現場の人材不足解消に挑むソーシャルスタートアップのマーケター募集

株式会社CONNECT

事業テーマ
IT・情報 医療・介護・メンタルヘルス
職種
マーケティング/広報

長野県

事業改善に向けた経営者の参謀募集!農業の担い手の定着と安定を目指す新規就農者向けスキルシェアサービス「アグティー」の改善プロジェクト。

株式会社井上寅雄農園

事業テーマ
IT・情報 農林水産(6次産業)
職種
プログラムコーディネート 経営企画

福島県

魚払い・GYOSOMON!掲載

相馬のうまいを全国へ。第3の柱となるEC事業の戦略を一緒に創り上げるパートナー求む!

有限会社カネヨ水産

事業テーマ
農林水産(6次産業) 食・ライフスタイル
職種
企画・商品開発・クリエイティブ マーケティング/広報