YOSOMON! - 「地域で働く」をもっと身近に!

求人中のプロジェクト地域の食文化を繋いでくために、都市に新しい食文化を起こす敏腕営業パーソンを募集!


宮城県

募集終了

契約期間:3ヶ月

地域の食文化を繋いでくために、都市に新しい食文化を起こす敏腕営業パーソンを募集!

及善商店

このプロジェクトは募集が終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

地域の食文化を繋いでくために、都市に新しい食文化を起こす敏腕営業パーソンを募集!

自己紹介と事業紹介

創業明治13年6代続く蒲鉾屋

弊社は南三陸町で創業138年続く蒲鉾屋です。蒲鉾は900年以上の歴史を持ちます。私たちはこの技術の継承を大事にしております。しかしながら伝統を築き上げるには技術継承のみならず、新しい変化が必要になります。

私たちは、より多くの皆様に食べて頂けるこれからの蒲鉾の在り方を日々考え、挑戦しております。蒲鉾千年の歴史を目指し、より多くの方々に愛させる商品を開発し提供していく。それには南三陸の新鮮な資源の魅力が大きなカギとなります。

「地域食材と蒲鉾の伝統技術から新しい食文化を見出しそれを次世代に繋げる」が私たちの理念です。

副業人材を募集する理由

及善商店は南三陸町に明治時代初期から続く老舗の魚貝の練り加工会社です。
主力商品は笹かまぼこやタコを蒲鉾に練り込んだタコボール、などの蒲鉾商品で地元を中心に愛される会社です。

震災では工場が流されましたが隣町で仮設の工場を立ち上げ、昨年に南三陸町に新工場を建設し見事に復活。若き専務である及川善弥氏の夢は日本の伝統文化である魚貝の練り商品を受け継ぎ発展させていくことです。

そのためには国内のみならず海外市場を狙っていく必要があり、隣町気仙沼の水産加工会社の社長とともに海外へ商品を販売するための会社を立ち上げ、常温保存可能な画期的な新商品を開発しました。
この商品は従来の冷蔵ケースが必要な売り場から、常温商品の棚に販売場所を広げ、新しい市場を創造する無限の可能性がありますが、既存の販路から新規の販路開拓をするにあたり販路の知識やネットワークを持つ人材が不足しています。

今回の募集では、この常温蒲鉾を用いて新しい食文化を想像する営業の人材を募集します。私達と一緒に新しい市場を切り開いていきませんか?

具体的な業務内容

今回の常温蒲鉾商品を切り口に、既存の商品群も含めて新たに販売展開できそうな、販路のリストアップを行い、商品特性を踏まえた提案の仕方を提案してください。
リストと提案をもとに一緒に精査していく打ち合わせを実施し、営業先を特定していきます。
リスト化の時点で有力と思われる販路には、可能であればファーストコンタクトを行っていただけるとよりベターです。

販売希望商品群:
・常温蒲鉾(チーズ、牛タン、ホタテ)
・笹かまぼこ
・タコボール など

希望販路としては、主に関東を中心に売れる販路ネットワークを持っているBtoBの卸売り先、おみやげ屋さんなどを想定しています。

営業の情報をもとに、最終的には新商品開発に繋がっていけるような意見交換までやっていけると理想です。

私たちがつくりたい社会/未来

私の描く未来は、この町から若者がどんどん世界へ挑戦できる町になっていることです。

私はこの町で、子供たちにモノづくりの魅力を教える活動を大切にしていきたいと思っております。しかしながら、その活動を継続するためには、小さくても強みをしっかり生かした会社を維持する必要があります。

弊社は138年前から続く老舗の商店です。私で6代目です。2代目より本格的な蒲鉾づくりが始まり、現在も蒲鉾専門店として商いをしております。しかし、既存の商売の仕方では、なかなか利益を生み出せず、このままでは企業としての存続が危ぶまれています。

こういった問題はわが社のみならず、隣の町の同業者も同じ悩みを抱えております。例えば気仙沼市に目を向けると、ひと昔前には20軒以上あった蒲鉾屋が今では専業でやっているところは3軒しかありません。この状況では、地域での商いにこの先の明るさを感じることが出来ません。

しかし、実はそこには生き残ったからこそできる、新たな挑戦のチャンスがありました。それは同業者同士で最大の問題点を見つけ、タックを組んで解決をしていくという考えです。昨年私は気仙沼のライバル会社と手を組み新会社を立ち上げました。いまだライバルの一方で、新会社では新しい商品や商流を共同で見出し、それを国内と海外に発信していくことを目指しております。

そしてこの商品開発、生産は、既存の老舗蒲鉾屋の施設設備と技術によって行われます。こういった取り組みは今後、異業種間でも行われることによって、世界に一つだけのビジネスモデルが生まれます。

そこにさらに移住者、遠隔からの様々な力がまじり合い、さらに魅力が増します。
そんな未来を思い描き、私は子供たちの笑顔をさらに生み出すモノづくりを目指します。

募集要項

事業のテーマ 文化・伝統産業
職種 営業・接客・カスタマーサポート
契約期間 3ヶ月
期待すること ご自身の持っている経験やスキルを最大限発揮していただき、当社商品の販路拡大に繋がること。
募集する人材像、スキル 蒲鉾という食材に興味があり、食べることが好きな方
南三陸という地域の企業支援に興味がある方
営業または食品バイヤー経験のある方
勤務スタイル 打ち合わせまたはリサーチを各3H×2回(1ヶ月)
赴任交通費 企業負担
謝礼 3万円
マッチングプロセス 及善商店のWebを見て、常温の蒲鉾を含めて自分ならどのような販路に展開できそうかをご提案ください。

メッセージ

専務取締役
及川 善弥

国内の蒲鉾需要は年々減少し、蒲鉾業界も縮小傾向にあります。また、三陸沿岸の水産業は、資源と労働人口の減少に非常に苦しめられており、各企業の今後の存続が危ぶまれています。これからは、的確な情報収集と短い時間で効率の良い営業活動がより求められます。副業支援はそれを可能にする最適な手段と考えております。蒲鉾を食べるのが好きな方、田舎から力強く全国、世界に発信していくためのビジネスモデルを作ることに興味がある方との出会いを楽しみにしております。

[PROFILE]
1980年6月 宮城県志津川町生まれ(現南三陸町)
1999年3月 仙台第三高等学校理数科卒業
2004年3月 東海大学海洋学部水産開発課程卒業
2004年4月 ㈱丸う田代蒲鉾店(小田原市)にて修行
2006年4月 全国蒲鉾技能士2級取得
2007年3月 ㈱及善商店に入社
2016年11月 第18回商工会青年部主張発表全国大会優勝

企業・団体概要

設立:1985年1月

代表者名:及川善弥

従業員数:18名

資本金:10,000,000円

売上高:155,000,000円

事業内容:
南三陸で138年続く蒲鉾屋。主な商品は笹かまぼこ、タコボール、贈答用の蒲鉾、など。

業種:製造業

事業規模:11〜50名

創業からの年数:11〜50年

WEB:https://oizen.co.jp

住所:宮城県本吉郡南三陸町入谷字桜沢124-1

漁業・水産業のWワーク・副業なら「報酬は魚払い、新しい副業はじまる「ギョソモン!」」

OTHER JOBこんなプロジェクトもオススメ!

茨城県

日本の伝統工芸品の価値を伝える!節句人形の設計/販売/情報発信を行う方を募集します!

株式会社成島

事業テーマ
IT・情報 文化・伝統産業
職種
マーケティング/広報 IT・開発